[特長]

1、熱安定性、酸化安定性が優れています。

サームオイルは、熱媒体油として特に精製してあるため、石油系熱媒体油として最高の熱安定性と酸化安定性を有する製品です。

2、熱伝達が優れています。

熱安定性、酸化安定性に優れているため、熱伝達を阻害するスラッジ、炭化物の生成や粘度の変化が少なく、初期の熱伝達値を維持します。

3、毒性、腐食性がありません。

サームオイルは高度精製の基油ですから、人体に有害な物質は含んでいません。万一、過熱、その他不慮の事故で熱分解しても、有毒ガス、その他、機器を損傷するような腐食性ガスを発生する心配はありません。

4、沸点・引火点が高く、蒸気圧が低いため、特に安全です。

沸点が高いので低圧力で使用できます。さらに引火点が高いので安全な運転ができます。また、蒸気圧が低いため蒸発損失が少なく、作業雰囲気を汚染することはありません。

サームオイル34AH、46AH、68A、90A、160、500は高引火点熱媒体油として、引火点250℃以上を保持しています。消防法上、非危険物となり、可燃性液体類としての取扱いが可能です。

 

[物性値](出荷規格ではありません)

商品名

サームオイル

20

32A

34AH

46AH

68A

90A

160

500

密度 15℃ g/cm3

0.858

0.866

0.835

0.845

0.858

0.867

0.893

0.903

色 ASTM

L0.5

L0.5

L0.5

L0.5

L0.5

L1.0

L2.0

L4.5

引火点 

204

212

256

260

260

270

270

318

動粘度

mm2/s

40

20

32

34

46

68

92

160

500

100

4.1

5.4

6.4

7.6

9.4

11

15

32

酸価     mgKOH/g

0.01

0.01

0.01

0.01

0.01

0.01

0.01

0.02

流動点 

−12.5

−12.5

−20.0

−22.5

−15.0

−12.5

−12.5

−10.0

銅板腐食 100,3h

膨張係数

7.1×10-4

7.1×10-4

7.1×10-4

7.1×10-4

7.1×10-4

7.1×10-4

7.1×10-4

7.1×10-4

平均沸点  ℃

350

360

360

370

380

440

400

450