有機系熱媒体油の中で最も耐熱性に優れています。
境膜温度427℃まで液相循環で使用できます。

[特長]

1.熱安定性に優れている。

熱媒体油はある温度以上に達すると、熱分解を起こします。また長時間使用すると、徐々に劣化します。そのために熱安定性の高い熱媒体油の選定が必要となります。バーレルシリコーンフルードSTは最高境膜温度427℃まで液相循環使用できる熱安定性の優れた熱媒体油です。

なお、熱媒体油は高温で空気に触れると酸化劣化を起こしますので、膨脹タンクに不活性ガスシールを採用するか、高温での空気接触を避ける必要があります

2.低温流動性に優れている。

バーレルシリコーンフルードSTは−40℃の常用循環ができ、広範囲の温度で使用できます

3.非汚染性である。

バーレルシリコーンフルードSTは熱劣化による炭化物の析出、沈着の発生がないため、装置汚染がありません。

4.腐食性がない。

バーレルシリコーンフルードSTは、一般の工業装置に使用されている鉄および非鉄金属材料に対して、腐食性はほとんどありません。

5.低毒性である。

6.低臭気である。

 

[物性値](出荷規格ではありません)

品名

バーレルシリコーンフルードST

外観

淡黄色透明

密度     25℃     kg/m3

935

引火点  COC    

178

動粘度  25℃     mm2/s

10

平均分子量

1000

流動点 

−65

沸点    

354

自然発火温度  

410