バーレルシリコーンフルードP51−100は、フェニルメチルポリシロキサン構造を持ち、既存化学物質番号7−474に登録された無色透明な液体です。ジメチル系シリコーンオイルに比べ、耐熱性・耐酸化性に優れています。

また、流動点が低く、蒸気圧も低いので熱媒体液、制動液、マノメータ、潤滑液などとして広く産業界に利用されています。

 

[特長]

(1)無色透明な液体である。                                           (7)表面張力が小さい。

(2)粘度指数が高く、温度による粘度変化が小さい。           (8)撥水性が高い。

(3)引火点が高く、難燃性である。                                    (9)低毒性である。

(4)蒸気圧が非常に低く、蒸発減量が小さい。                    (10)無味、無臭である。

(5)低温特性、耐熱性、耐酸化安定性に優れている。          (11)化学的に不活性である。

(6)剪断安定性に優れている。

 

[使用温度範囲]

開放系で、−60〜200℃の温度範囲で使用できます。

 

[物性値](出荷規格ではありません)

品名

バーレルシリコーンフルードP51−100

外観

無色透明

密度     25℃     kg/m3

992

引火点  COC    

300以上

動粘度  25℃     mm2/s

100

酸価     mgKOH/g

0.00

流動点 

−60以下

表面張力          25℃     mN/m

24.1

屈折率  25℃

1.425

粘度温度係数

0.62

膨張係数          1/℃

9.6×10−4

蒸発減量

250℃×4h       %

2.5

250℃×48h      %

10.0

圧縮率

34.5MPa           %

2.85

138MPa %

7.95

発火点 

482

ゲル化時間       250℃   h

240